1. ホーム
  2. 浮気の修羅場体験談
  3. ≫嫁の浮気で離婚。それでも嫁と会ってしまう・・・ その1

嫁の浮気で離婚。それでも嫁と会ってしまう・・・ その1


俺:27歳
嫁:27歳
子どもなし
間男:30歳 未婚

先日、俺は離婚した。
原因は嫁の浮気。

俺は嫁のことが本当に大好きで、一緒に居ることが嬉しかった。
家事も分担していたし、それなりに二人の時間を作って一緒に過ごしていた。

学生の時からの付き合いで、就職と同時に結婚。
それぞれ仕事が忙しくなったこともあり、子どものことは少し先に考えようと話していた。
忙しいながらも時間を取っていたはずだった。

しかし、あるときを境に、仕事が忙しくて遅く帰ることが増えてきた。
特に水曜日が締切らしくかなり遅く帰ってきていた。

俺は気にしていなかったが、友人からの話で疑うようになった。
共通の友人で、嫁と同じ会社に居る人だ。

どうも先輩の男性が嫁に対してアプローチをかけているというのだ。
独身でかなりカッコいい人らしい。

残業はしているものの、19時には退社しているという。
それなら、どう考えても自宅に帰る前にどこかに寄っている。

直接聞こうかと思ったものの、半信半疑だったので、興信所に依頼した。
いつも遅くなるという水曜日を狙って。

すると、やはりクロだった。
相手は会社の先輩だった。

クロとわかったものの、すぐに離婚は考えなかった。
というのも、俺にも原因があるのではないかと考えたからだ。

でも、家庭のことはそれなりにやっているし、嫁のことを一番に考えている。
原因らしきものも見つからないのだ。

それとなく「早く帰ってきて一緒に過ごす時間が欲しい」というものの、生返事しか帰ってこない。
正直、本当につらかった。

だんだん朝起きるのも遅くなった嫁。
交代でしていた食事当番も守ることなく、食事の準備をしていても外で済ませたとか言われることも増えた。

俺の気持ちも少しずつ違う方向を向いてきてしまった。

ちょうどそんな時に記念日が近づいていた。
その日は水曜日。
分かっていたけど、早く帰ってきて一緒に祝おうと話をしていた。

残業があるかも、と言って出勤。
連絡もないまま23時に帰宅した。

もちろん準備した食事も冷めてしまっている。
俺の気持ちもすっかり冷めてしまった。

それなら、俺にも考えがある。
弁護士に依頼して、嫁と間男に制裁をすることにした。

俺は他の人の体験談を参考にした。
まずはワンルームを借りることにした。

嫁に気付かれるか心配だったが、全く気づかれないままだった。
それもショックではあったが。

家では普通に振舞ったつもりだ。
ただ、夜の営みだけは断り続けた。
理由を聞かれるも、適当にお茶を濁しておいた。
さすがにお前が浮気しているからだ!とは言えなかった。

いよいよ離婚をするための爆弾を落とす日が来た。

その日も普通に振舞った。
帰りが遅かった嫁をねぎらい、寝てしまったことを確認。

テーブルの上に手紙と離婚届、簡単な朝食と目覚ましセットを置いた。
手紙には、お前のやったことは知ってるけど、包んであげられなくてごめん。
みたいな事を書いたような気がする。

>>嫁の浮気で離婚。それでも嫁と会ってしまう・・・ その1 ← イマココ

>>嫁の浮気で離婚。それでも嫁と会ってしまう・・・ その2(最終回)

浮気調査料金ガイド

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。