1. ホーム
  2. 浮気の修羅場体験談
  3. ≫俺は邪魔者だったらしい。その1

俺は邪魔者だったらしい。その1


SNS浮気

俺:
嫁:

結婚直前まで浮気をされていたことを知ってしまった。

そのきっかけはSNS。
二股をかけている話をたっぷり暴露されていた。

結婚してからのことも書いてあるが、俺や子どものことは余り触れていない。

結婚するまでは、どちらとも婚約していた。
そして、どちらからも婚約指輪ももらっていたという。
出来ちゃった婚で、俺と結婚したというわけらしい。

相手はSNSの友達の一人。

其のことを知ってから、浮気をしているだろうと追求した。
最初は否定していたものの、しばらくすると認めた。
「事情があって付き合っていることにさせられていた」らしい。

その後、SNSは書き換えされていて、浮気のところは全て削除されていた。

嫁のPCを探ったら、男との画像が100枚くらい出てきた。
俺と子どもとの写真は1枚もないのに。

嫁は援助をしていたのもこのことから分かった。
そんなことに縁があると思っていなかったので衝撃だった。

古い携帯が出てきて、データが残っていたので全部見た。
俺と同棲していて会えないときは、出張に出ていると言っていた。
なかなか甘えられなくて寂しい、なんて男に言いながら俺と一緒にいたわけだ。

今使っている携帯の送受信は全て削除して、肌身離さず持っている。

既に過去のことであろうと思われるが、やっぱり俺の中ではすっきりとしない。
離婚をする方向で話をしていくか・・・
という思いもどんどん出てくる。

嫁は結婚していることを明かしていない仲間が居るだけに。
離婚したら、俺のことも子どものこともなかったことにするのかもしれない。

俺は家を出ることにした。
実は今一緒に住んでいるところは、嫁親名義のところなのだ。
だから、俺は追い出すことができないと言うわけだ。

弁護士にもお願いすることにした。
会社の上司にお願いして、保証人にもなってもらうことにした。
会社を続けることが条件。

もしかすると、俺がこのことで仕事を辞めると考えたと思われたのかも?
理由は何であれ、本当に助かった。

家も決まり、こっそりと自分の荷物だけ持ち出した。
全く気付かない嫁だったが、家に帰ると俺のものがないことに気付き、連絡が来た。
メールや電話が何度も繰り返しやって来た。

>>俺は邪魔者だったらしい。その1 ← イマココ

>>俺は邪魔者だったらしい。その2(最終回)

浮気調査料金ガイド

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。