1. ホーム
  2. 浮気の修羅場体験談
  3. ≫嫁の浮気相手を全て探し、復讐を実行 その1

嫁の浮気相手を全て探し、復讐を実行 その1


俺:33歳
嫁:34歳
子ども:5歳

以前から不審な感じがしていた。
だから、普段なかなか手放すことがない携帯が置いてある時に、つい見てしまった。

それが不幸の始まりだったのかもしれない。

メールを見ると、明らかに浮気をしていると分かるものが。
しかも、1人ではない、2人と。

一人は近所のパパ。
同じバレーチームの人のご主人。親しくはないが、面識ある人。

もう一人は学生っぽい。
話の感じから見ると、比較的近くに住んでいるようだ。

俺は給料の管理を全て嫁に任せていた。
だから、少ないお小遣いでやりくりしている。
浮気と分かっても、興信所や弁護士に依頼というのは考えにくい。
というか、複数と浮気するような嫁にお金を使いたくない!と考えた。

まずは近所のパパのところへ行った。
奥さんが居たが、わざと聞こえるように話してやった。
「妻の携帯を見たんですよ、よく平気な顔で出て来れますね。」

事態に気付いたパパは、慌てて奥さんを家に入れようとした。
でも、更に大きな声で話を続けた。

当然、事態に気付き、奥さんの顔が凶変した。
俺に恨みでもあるような顔をしているが、俺も被害者だ。

とにかく帰ってくれ、話し合いをしたいから。と言われたので退散した。

自宅に帰り、子どもが寝たタイミングを見計らい、嫁に問い詰めてみた。
一瞬顔が変わったものの、「何を言ってるの?」と開き直る。

相手の名前まで出てくるから、認めるかと思いきや。
貴方が考えているような関係でない、と全否定。
相手のパパは認めたにも関わらず。

ちょうど嫁の実家に里帰りする予定だった。
俺は行かない、勝手に行ってくれと追い出した。

実家に行っている間に、嫁のもの全て処分した。
そうでもしないと、俺がおかしくなりそうだったから。

嫁のものを探している時に、ペンダントを見つけた。
誰かとおそろいで作ったのであろう、嫁と男の名前が彫ってあった。

近所のパパも話をしたいと言って来たので会った。
もう一人の相手どころか、他にも関係があった事を話し出した。
パパは警察官をしていると言う立場もあり、できれば表沙汰にしたくないようだ。
だから協力するから、ということらしい。

把握していた学生は近所の実家暮らし。
もう一人の相手は、見たことある歯医者の院長。

身近なところで沢山の関係があったと。

興信所などを利用するように勧められたが、俺は一人で全て行うことにした。
待たされたくないから、慰謝料はいらないから、相手を困らせればいいから。

とにかく、嫁と浮気相手が困ればいい。
家庭を壊すとか、そんなこともどうでもいいんだ。
結果的にはそれなりに家庭に亀裂が入るかも知れないが、自業自得だ。

>>嫁の浮気相手を全て探し、復讐を実行 その1 ← イマココ

>>嫁の浮気相手を全て探し、復讐を実行 その2(最終回)

浮気調査料金ガイド

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。