1. ホーム
  2. ≫浮気の証拠!探偵の調査報告書で確認する3つの事

浮気の証拠!探偵の調査報告書で確認する3つの事


浮気の証拠写真

これが確実な浮気の証拠写真です。

探偵は、こういった写真を何枚も別の日に分けて撮ります。

そうなると、浮気の継続性が決定的となります。

1回だけの浮気だと、裁判や調停でそこまで強い証拠になりづらい時もありますが、継続性になると話しは別です。

完全勝利になります。

しかし、自分でやると撮れませんし、ダメな探偵事務所ではこんな写真は撮れません。

ちょっとだけ、写真を解説すると、これは、旅館の中で部屋に2人で入る瞬間です。

疑問に思いませんか?

どうやって撮ったの?って

これが、プロの探偵の実力です。

最初に浮気を疑うキッカケの第1位は、携帯メール

携帯メール

浮気をしていると疑っていて、ちょっと隙が合った時に、携帯メールを見る事ができたとします。

その時、浮気の証拠があったら、それは、自分の携帯で写真を撮りましょう。
メールを転送すると、転送マークが出るため、転送メールを消しても相手はわかります。

そして、そのメールをもとに、いつ会うのか。
それを探ります。

それがわかれば、探偵事務所に依頼して、浮気相手と現場の証拠写真を撮ります。

ダメな探偵事務所の典型例とは

実際に、浮気調査を探偵に依頼した時、気をつける事があります。

ここで注意しなければいけないのは、浮気の証拠写真でダメな例です。

多くの探偵事務所は、こんな写真を撮って高額請求します。

  • シティホテルへの入り口写真(一緒に入る)
  • 一緒に歩いている写真
  • 一緒にご飯を食べている写真

3枚ぐらい・・・

こういう事も珍しくありません。

あなたは、探偵事務所の調査報告書を見た事がないと思いますが、
どんなものだと思いますか?

3枚の写真だけ渡されて、終了です。
と言われて、これで裁判でも勝って、慰謝料が取れる!と思いますか?

それだけでは勝つことも、慰謝料をとることも出来ません。

探偵事務所の調査報告書で大事な3つの事

浮気の証拠で大事な事は3つあります。

長時間尾行している証拠写真

ホテルの部屋へ一緒に入る写真

歩いている時などにキスをしている写真

こういった写真が撮れているかどうか。

1日ずっと尾行するのは、ホテルの入り口写真をとった時に、
たまたま映っただけで、赤の他人です。

こういう言い訳をされないためです。
1日、ずっと同じ浮気相手と行動していましたよね!という写真がたくさんあれば、その言い訳は通用しない訳です。

ホテルの部屋へ一緒に入る写真があれば、さらにOKです。

これは、1人の探偵ではできなくて、複数の探偵が必要です。

なぜ、複数の探偵が必要なのか?

ずっと同じ人があなたの後ろをついてきたら変だと思いませんか?

そのため、2人?5人程度は必要になります。

これだけ人数がいて、始めて完全な証拠写真が撮れます。

探偵事務所が撮った証拠写真は、裁判官、調停員にも信頼性があります。

あなた自身がとった写真や誰かわからない人がとった写真よりも、
プロの探偵事務所が撮った証拠写真だと、信ぴょう性が高いです。

そのため、あなたに有利に働く事が多いです。

名前が通った探偵事務所で過去の裁判事例で圧倒的な勝ちを収めていれば尚更です。

◯◯探偵事務所が出す浮気の証拠ならもうほとんど、こちらの証言が勝ちだね。

こういう事になります。

裁判に勝てる浮気の証拠写真を撮れるのは

「原一探偵事務所」です。

こんな調査報告書をくれます。(サンプルです。)

調査報告書まとめ

しっかりと、尾行して、浮気相手の住所なども調べてくれます。

どうすれば慰謝料をきっちり、請求できて、裁判になっても勝てるのか。
プロの探偵事務所の話しを聞くのがベストです。

素人が無駄に動くより、プロにアドバイスを貰って的確に動く方が早いですよ。

24時間、365日無料で相談にのってくれます。

>>原一の無料相談はコチラ