1. ホーム
  2. ≫浮気の証拠が見つかった後は?離婚、それとも再構築?戦略が大事

浮気の証拠が見つかった後は?離婚、それとも再構築?戦略が大事


離婚する、しない

浮気調査を依頼して、もし浮気が見つかったらどうしますか?

もちろん、離婚する!!
と決まっている人もいれば、見つかってから判断する、という人もいるでしょう。

原一探偵事務所の担当者にお伺いしたところ、浮気がわかって、離婚する人の確率は、

5割

だそうです。

離婚する人、しない人の割合

つまり、離婚する人と離婚しない人は、ほぼ一緒という事です。

再構築するなら、またその方法はお互い話し合っていくべきでしょうが、もし離婚すると決めたなら。。。

最初から弁護士に相談する方が、精神的にも楽

実は、浮気調査を依頼すると同時に、戦略的に動くなら、弁護士にも同時に相談する方がベターです。

あなたが男性で、妻が浮気をしており、子供がいるが、親権をとりたい、こういった事例もあるでしょう。
浮気相手と妻に、慰謝料を請求してきっちりと法的な制裁を行いたい、と考える人もいるでしょう。

あなたがどうしたいのか、そのためには何が必要で、どんな行動が取れるのか。

それは、素人にはわからないものです。
法律に則った手続きしかできないため、最初から弁護士に相談しながら行動する方が結果的に安く、また取れる利益をしっかりと取れます。

多くの場合、困ってから最後に弁護士に相談します。
こういった場合、本来なら取れたであろう利益も失っている場合が多く、時間もお金もかかります。

弁護士費用は高い、と思うかもしれませんが、結果的に精神的疲労度などを考えると一番安くつきます。

弁護士の何が一番良いのか!?

それは、代理交渉権がある、ということです。

浮気されて精神的に落ち込んでいるあなたに、面と向かって、パートナー、浮気相手と交渉するのは、かなり精神的にキツいものがあります。
ちゃんと話ができないこともあるでしょう。

もう顔を見たくない、という人が多いのが実際のところです。

弁護士がいないと、全部自分でしないといけません。
また、行政書士や司法書士に依頼した方が安くすむし、法律にも詳しいからいいのでは?
と思うかもしれませんが、代理交渉権がありません。

あなたが必ず同席して交渉しないといけないのです。
結局、パートナー、浮気相手と顔を合わせることになります。

でも、弁護士には、代理交渉権があるため、丸投げすれば、すべて完了してくれます。

ここが一番の違いです。

10万、20万をケチって、さらに精神的な負担を強いられ、取れるものが取れなくなるリスクがあるにも関わらず、弁護士に依頼しないひとが多いこと・・・

慰謝料の金額が高くなると、弁護士費用は当然高くなります。
でも、精神的な負担部分が減るのに比べると、安い金額だと思います。

パートナーに、面と向かって、「私は、浮気相手の事が好きで、あなたとはやっていけません。」と正面から言われると・・・・

となるのが普通だと思います。
よっぽど強い精神力の持ち主でないと乗り越えれないでしょう。

弁護士を選ぶなら、離婚に強い、専門の弁護士に依頼

弁護士は、医者と同じで、専門分野に分かれています。
法律は、毎年変わり、毎年新しい判例(裁判の結果)が出てきます。

その道に特化していないと、すべて一から調べる必要があります。
弁護士だからといって、すべての法律に詳しいワケではありません。

医者も同じです。整形外科の先生が、脳の病気を見る事はほとんどできません。

弁護士も法人向け、個人向け、個人向けでも遺産相続、債務整理、などかなり幅があります。
事前に、知り合いがいる場合は、紹介してもらったりしましょう。

「離婚 弁護士 ◯◯(地域)」 で検索

全く、知り合いがいなかったり、ツテもないようですと、上記のようなキーワードで検索して、ホームページを調べましょう。

弁護士の中には、探偵の浮気調査報告書を見たことがない人もいますからね。

弁護士もノウハウ(経験値)がかなり大事です。
探偵事務所も弁護士事務所と提携している場合が多いので、紹介してもらうという選択肢もあります。

多くの浮気案件を扱っているので、ノウハウもあります。
弁護士を効率よく探す一番の方法です。

弁護士費用がない場合は、法テラスを活用!

貰える慰謝料も少ないし、弁護士費用も払えない、という場合でも大丈夫です。

國が、法テラスという法的トラブルを解決する総合案内所を設置しています。

相談は無料で、さらに費用の立て替えも行ってくれます。
お金がないから弁護士に相談できない、と思わず、こういった制度も活用しましょう。

無料で相談に乗ってくれるので、活用しない手はありません。

法テラスの公式サイト

法テラス

 

浮気調査料金ガイド

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。